TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

医療機器販売会社らがアマゾンを提訴、偽造品「相乗り出品」放置で売上減と損害賠償請求

2022年10月 6日 12:00

 医療機器の輸入、製造販売を行うトライアンドイーと同社製品を販売するエクセルプランは9月28日、アマゾンジャパンを相手取り、約2億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。販売するパルスオキシメーターの偽造品とみられる商品を安価に販売する事業者への対応を行わず、売り上げが減少したという。アマゾンは、「訴状が届いていないのでコメントを差し控える」としている。

 









 エクセルプランは、2011年5月にトライ社製のパルスオキシメーターの商品登録を行い、アマゾンのマーケットプレイスで販売していた。コロナ禍で需要が高まった20年8月、中国企業の偽造品が販売されていることを確認したという。

 アマゾンの通販サイトは、商品ページに販売元や価格が異なる同一商品が「相乗り出品」して表示される仕組み。エクセル社が定価2万5740円で販売していたのに対し、同じ商品は2200円等で販売されていた。

 ただ、パルスオキシメーターは、薬機法上の「特定保守管理医療機器」にあたり、国内で販売するには高度管理医療機器等の販売許可が必要になる。中国企業の商品はこうした許可を得て販売していたものではなく、「偽造品」と主張している。一部商品を購入して確認した。また、トライ社とエクセル社は、独占販売契約を結んでいる。

 トライ社とエクセル社は、定価の10分の1の価格等で販売される「相乗り出品」で売り上げが減少したという。同社によると、アマゾンのシステムは、より安価な商品の評価が高いとされ、価格差が大きい商品の販売が停止されることがあるという。このため、正規品であるにもかかわらず、定価販売の同社商品はシステムの判断で出品が停止されることもあったという。

 同社は、アマゾンに「相乗り出品」する事業者の商品の販売中止など対応を求めたが、商品ページ自体が削除されるなど、「相乗り出品」とともに販売できなくなったこともあったとしている。正規品ではない商品と顧客レビューが混在し、「日本製と思ったら中国製だった」など低評価を受けたという。レビューの削除も求めたが対応されなかったとしている。

 アマゾンにおける製品の売り上げは、20年9月から昨年8月の1年間で3億3600万円だった。直近は3540万円(昨年9月~今年8月)まで減少した。

 アマゾンに出品する場合、販売許可の証明書の提出は求められないという。このため、販売事業者が登録すれば、無許可でも同じ商品を販売できる状況だとする。多くは許可を持たない中国企業の出品で、「偽造品」としている。

 トライ社の藤井敬博社長は、「アマゾンは偽造品対策を行っているとするが、やっていればこのような結果にならない。品質に問題のある脱法商品に相乗り出品され価格競争せざるを得ず、中小企業は太刀打ちできない」と話す。
 
楽天 EC通販に特化 OEMは天真堂 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売