TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

歯愛メディカル ニッセンHDを買収、41億円で、女性医療職に衣料販売

2024年 5月16日 11:00

 歯科医院向け通販を展開する歯愛メディカルは5月9日、ニッセンホールディングスを子会社化すると発表した。セブン&アイ・ホールディングス子会社のセブン&アイ・ネットメディアより、7月1日付で株式を譲受する。取得価額は41億9900万円(アドバイザリー費用9900万円含む)。歯愛メディカルでは、歯科医院の女性医療従事者向けにニッセンのアパレルなどを販売したい考え。
 
 セブン&アイHDでは2014年1月、セブン&アイ・ネットメディアを通じ、TOBと第三者割当増資によりニッセンHDの発行済み株式を過半数取得。金額は合計で約133億円だった。

 セブン&アイHDでは、ニッセンHDのカタログやネット技術を評価したことで子会社化に踏み切ったものの、その後ニッセンHDの業績は低迷。16年には債務超過寸前まで陥ったこともあり、同年11月にセブン&アイ・ネットメディアとの株式交換を実施、ニッセンHDはセブン&アイ・ネットメディアの完全子会社化となっていた。

 ニッセンHDの24年2月期連結業績は、売上高が前期比3・6%減の395億7100万円、営業利益は同40・0%減の2億1100万円。純資産は237億2300万円のマイナスで、大幅な債務超過だった。

 そのため歯愛メディカルでは、7月1日までにセブン&アイ・ネットメディアがニッセンHDの第三者割当増資を引き受けることにより、グループ内貸し付けの全額と債務超過が解消されることを前提に、株式取得を実行する予定。なお、ニッセンHDは外部金融機関からの借り入れはないため、第三者割当増資により借入金はなくなる見込み。

 買収の狙いについて、歯愛メディカルの三好誠治取締役経営管理部長は「歯科医院は女性従業員が多いため、ニッセンの手がける衣料品やサービスとの相性が良いのではないか」と説明。歯科は個人医院の経営者など、比較的年齢層の高い富裕層が多い。歯愛メディカルでは富裕層のシニア女性向けフリーペーパーで直販を展開しており、好調に推移しているという。こうした層に向け、ニッセンの商品を提案していく考えもあるようだ。

 一方、歯愛メディカルは歯科医院向けにオーラルケア商品を通販しており、近年は一般消費者向けでもこうした商材の需要が高まっていることから、ニッセンの顧客に販売していく。

 ニッセンHDの成長性について、三好取締役は「減収が下げ止まった段階なので、関連会社の白鳩も活用し、効率化を進めるなど、収益力を高めていきたい」とした。

 歯愛メディカルの23年12月期連結業績は、売上高が前期比6・4%増の456億2800万円、営業利益は同25・1%減の29億8900万円。昨年12月には、肌着の通販を手掛ける白鳩(京都市伏見区)の株式を小田急電鉄より取得し、関連会社化していた。
 
成功の法則 100ヶ条 通販売上高ランキングのデータ販売