TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

桃谷順天館 新サイト開設でEC強化、6万通りの処方から87品展開

2024年 5月23日 12:00

 化粧品の製造・販売を行う桃谷順天館はECを強化する。4月23日、新たにECサイトを開設し、スキンケアラインの第1弾商品をEC限定で発売した。現在のEC比率は2割未満。オンライン展開に力を入れることで、EC比率の上昇を目指す。

 新サイト「Cosmetic Museum(コスメティックミュージアム)」は、仕事や家事に追われる30~40代の女性の肌悩みに応える商品を販売する。

 ECで展開するのは、新ブランド「REGLAGE(レグラージュ)」。ブランド名はフランス語の「調律」から。適したスキンケアの選択に悩む層が、自分に合った商品を見つけられるようにとの思いから命名した。

 研究所で研究員たちが作り上げた6万通りの処方から、87アイテムを販売。効果・成分・テクスチャ・香り・フリー条件の5つの視点から商品を選べる。

 サイト上では「肌診断」で商品を選ぶこともできる。8つの質問に答えると、同世代の肌スコアと比較したグラフが表示される。回答にもとづき、現在の肌状態に合ったおすすめセットやアイテムが提案される。

 新たなECサイトに取り組む理由は、「店頭流通による販売やOEMでは顧客の声を直接反映したり、売り場を確保し続けたりすることが難しい。自社で培った6万通りの処方を一挙に公開する場が欲しいとの思いから、オンライン上で87アイテムを販売した」(同社)という。

 クレンジングや洗顔料、化粧水や美容液などスキンケアラインを展開する。

 容器は詰め替え不要で、プラスチック使用量が少ないスマートパウチ容器を採用した。環境配慮に対応したポストインも購入数により可能だという。

 プロモーションの一環として、発売前からインスタグラムでアカウントを立ち上げた。ブランド名ではなく、「コスメ博物館」の名称で、美容成分の知識や研究内容を情報発信。関心層との接点を築き、顧客から寄せられた要望をもとに、今後の商品を開発していく。

 同社の主力商品は、ニキビとり化粧水の「美顔水」シリーズ。スキンケアの売り上げ割合は全体の9割以上を占める。
 
成功の法則 100ヶ条 通販売上高ランキングのデータ販売