TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

ゾゾ 「ゾゾスーツ2」が始動へ、新サービス創出へパートナーを募集、解像度や認識性が向上

2020年11月 5日 07:20

 ZOZO(ゾゾ)は10月29日、3D計測用ボディースーツ「ゾゾスーツ2」を発表し、同時に足の3Dサイズ計測が簡単にできる「ゾゾマット」と「ゾゾスーツ2」の計測テクノロジーを活用して新サービスを創出するパートナー企業の募集を開始した。

 







 「ゾゾスーツ2」は採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」のデザインと計測結果を用いた3Dモデル生成のアルゴリズムを大幅に改善しながらも、基本的な計測方法と計測の手軽さを維持し、より精緻な身体の3Dモデル生成が可能だ。

 一般的に身体の正確な3Dモデルを生成するには3Dレーザースキャナーなどが必要だが、「ゾゾスーツ2」の計測結果は3Dレーザースキャナーの結果と比べて平均誤差が3・7ミリとなる精度の高さを示したという。

 旧ゾゾスーツは全体に施されたドットマーカーをスマホカメラで360度撮影することで高精度な測定を可能とした採寸用ボディースーツで、100万件以上の体型データは「ゾゾタウン」で展開中のマルチサイズ商品などのサービスで活用しつつ、計測解像度の向上を目指した開発を続けてきた。

 「ゾゾスーツ2」は旧スーツと比べてマーカー数を約50倍の2万個としたことでマーカーの計測解像度も約50倍になった。また、旧スーツでは2ミリのドットを認識対象としていたが、「ゾゾスーツ2」では認識対象を6ミリのマーカーに変更することで認識性が向上した。加えて、撮影中の動きを補正する技術や、輪郭情報を使って3Dデータを最終的に補整する技術の導入で身体3Dモデルを生成するアルゴリズムが大幅に改善した(画像)。

 ゾゾは、「ゾゾスーツ2」について、旧スーツのようにPB事業とセットで大量配布することはなく、外部企業と新たなビジネスを創出する方針で、高精度の計測データが求められるスポーツウエアやアンダーウエアなどの開発やサイズ推奨をはじめ、フィットネスや予防医療、ヘルスケア、ゲーム、エンタメなどファッションの枠を超えた領域での活用を模索していく。

 
楽天 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売
通信販売年鑑アンケート調査