TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

ぬぬふぁくとりー 洗車画像でファン獲得、「ポムル」のECが好調

2024年 6月 6日 12:00

 車系ユーチューバー「ぬぬふぁくとりー」のぬぬさんが立ち上げた洗車用品ブランド「POML(ポムル)by NUNU FACTORY」が通販チャネルで好評を得ているようだ。

 車好きのぬぬさんは5年ほど前、本業の空き時間に趣味としてユーチューブの配信を始めた。最初は自分の愛車を中心にお気に入りのポイントを紹介したり、カスタムしたりしていたが、配信を続けるうちに元々好きだった洗車にはまり、洗車をメインに配信するチャンネルになった。

 一方、「ユーチューブはオワコン」と言われていたこともあり、2022年5月に洗車用品ブランド「ポムル」を立ち上げ、同時にネットショップ作成サービスの「BASE(ベイス)」を活用して通販を始めた。その後、コーティングの施工店をさいたま市内に開業。いまは3本柱で事業を展開している。

 「ポムル」は洗車用のシャンプーやコーティング剤、ミット、ブラシ、ドライングタオルなどを展開。日本製のオリジナル商品に加えて韓国製品も販売する。

 「ポムル」の洗車用シャンプーやコーティング剤は日本製でクセがなく、初心者でも失敗なく使えるようにマイルドな成分、処方にこだわった。

 韓国製品を扱う理由は、「美容、医療を含めて韓国企業はキレイにする技術が高い。洗車についても韓国は先進国」(ぬぬさん)とし、ぬぬさん自身も研修に行ったほどだ。

 22年12月頃からは韓国の人気ブランド「ザ・クラス」の仕入れ販売を開始。同ブランドは洗車中級・上級者向けの商品のため、「ポムル」利用者の次のステップとして使用してもらうことで、住み分けを図る。

 販促面では、広告費はかけずにユーチューブチャンネルとX(旧ツイッター)で商品情報などを発信。「ユーチューブが取扱説明書のような役割を担っている」(ぬぬさん)とし、ユーチューブの概要欄にはECチャネルのURLも記載している。

 通販のスタート当初はユーチューブを視聴するファン層が「ポムル」の洗車用品を購入するケースが多かったものの、「ポムル」の商品は容量が多く割安感があり、アマゾンにも出店したことで、ファン以外の新規購入者が増えている。

 これまでは施工店の業務が忙しく、通販チャネルを思ったように強化できていなかったが、昨年の暮れから商品ラインアップを増やしてきており、今はECの売り上げが一番大きい。

 足もとではユーザーとの接点拡大に向けてオフライン活用も強化。カスタムカーイベントの「東京オートサロン」などのイベントに出展したほか、今後は全国のオートバックスで販売イベントを多数計画している。

 ユーチューブの「ぬぬふぁくとりー」はチャンネル登録者数が15万人超。こだわりやクセの強い配信者が多い中、「動画内ではあまり偏った発言をしないように気をつけている。洗車初心者に寄り添った配信に徹していきたい」(ぬぬさん)とする。ユーチューブ単体では収益化しづらくなっているが、ECチャネルへの流入元として機能しているため、週2~3回のペースで配信を続ける。

 通販が伸びている中、課題は商品ラインアップがまだ少ないことで、洗車用品をメインに50品目程度に広げていくという。

 
成功の法則 100ヶ条 通販売上高ランキングのデータ販売