TSUHAN SHIMBUN ONLINE

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社
記事カテゴリ一覧

新日本製薬 主力スキンケアを刷新、機能感で訴求、40代女性開拓へ

2021年 9月23日 08:00

 新日本製薬は、主力スキンケアのリニューアルに合わせ、リブランディングを行う。これまではシンプルステップを背景に、「時短」や「手軽さ」を打ち出していた。機能面の強化を図り、より効果実感が得られるブランドとして訴求していく。60代以降のシニア世代を中心に顧客基盤を築いてきたが、40~50代の女性層へのアプローチも強化する。
 







 10月1日に「パーフェクトワン オールインワン美容液ジェル」シリーズ(=画像)をリニューアル発売する。

 シリーズは、06年の発売から今年で15周年を迎える。ブランドメッセージは、14年に「進化するシンプル。」を掲げ、シンプルステップで訴求してきた。

 リニューアルに合わせ、ブランドメッセージも「シンプルケアこそ、肌本来の美しさへ」に変える。シリーズの共通成分として、製法特許を取得する独自成分「VCコラーゲン」を配合。独自の浸透技術なども打ち出し、機能面を強化する。シンプルケアこそが最適なスキンケアであることを打ち出す。

 これまで「パーフェクトワン―」シリーズは、60代以降の女性層を中心に顧客基盤を築いてきた。昨年9月、シワ改善と美白をうたう高付加価値製品「薬用リンクルストレッチジェル」を発売。シニア世代への提案を強化している。同製品の定期顧客数は、計画比で1・4倍と好調に推移する。

 今後、リニューアル製品は、ECやアプリなどデジタル化の推進、リブランディングを通じ、40~50代の新規顧客と接点を築く。テレビや新聞、折込チラシ等で行うレスポンス主体の広告展開の中で、既存顧客にもブランドメッセージや機能性を伝えていく。

 「パーフェクトワン―」は、保湿、高保湿、ホワイトニング、リフティングの4機能・4商品を展開する(税込4180~6600円、薬用リンクルストレッチジェル等を除く)。ホワイトニングは今年6月に先行してリニューアルしていた。

 リニューアルで環境に配慮した技術・素材も活用する。容器は、プラスチックに少量添加することで、燃焼時にCO2排出を約60%削減するグリーンナノ技術を採用。化粧箱は、FSC認証紙(森林認証紙)を使う。
 
楽天 リピート通販向け基幹システム通販マーケッター 売れるネット広告社セミナー開催! 通販売上高ランキングのデータ販売